Whatever happens! 紆余曲折

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紆余曲折


先日、出勤途中、といっても、家を出たすぐの角で、ネコを見つけた。
動けなくなってて、がりがりのげそげそのぼろぼろで、あきらかに弱ってる。

ちょうど出てきたご近所さんに、その子拾います!と叫び、さらにはゴミ出しに行く途中だったそのご近所さんに、私のゴミも押し付けた。
すぐさまタオルを取ってきて、必死で暴れるネコを捕まえて、家に拉致。
母に電話したら、すぐに飛んできてくれて、母に預けて会社に行きました。

母に電話して、今すぐ来て!と言ったことは何度もあるけど、今までで最速、2分で来てくれました。
あとから、どーしてあんなに早かったのか?聞いたら、待ちかねていたから、だそうです。
母もネコを拾いたかったのか?

夕方、仕事から帰ってきて、病院へ連れて行きました。
即座に入院、血液検査、蚤取り、その他もろもろ。
そのまま、4日間入院しました。
血液検査で、病気が見つかり、治らない病気だと言われたときは、号泣しました。
拾っただけで、病院に連れて行っただけで、一緒に住んでもいないのに、この先一緒に暮らすつもりでいたから、とてもつらかった。

点滴を続けても元気にはならず、そのうち脳炎まで起こして、発作が起きるようになって、見ていられなくて安楽死させることにしました。
拾っただけの猫で、なつかれてるわけでもないから、触れるわけでもないのに、毎日お見舞いに行って、最後にはひどい決断をして、後に残ったのはやせ衰えたちいさな体と、病院の請求、84500円。

動物を飼うときの、ひどい部分だけのダイジェスト版みたいな数日間でした。
ホント、落ち込む。


前から、道で困っているネコがいないかなぁ、と思ってました。
ペットショップで買うなんてのは論外、もらってくるのも嫌で、助けが必要なネコがいたら、迷わず連れて帰るつもりでいた。
でも、今回の子は、あまりにも困りすぎていて、とても助けられなかった。

あんなに仲良く暮らしたシャンクスの代わりは絶対いないけど、飼える余力があって、かわいがって私も幸せなら、偶然の出会いを待つよりも、積極的に探すほうがいいのかも、と思った。
そこで、病院の先生と、友人に話してみた。
どこかで、困ってる子猫がいたら、教えてください、と。
すると、友人のひとりがすぐさま言った。
いる!
多頭飼いで、増えすぎて崩壊してて、26匹のネコを、全部ゲージで、ずっとゲージで飼ってる家に、子猫が生まれて、貰い手がなかったら、27匹目の一生ゲージネコになる、不幸せなネコが!

それって、困ってるのはネコじゃなくて、人間じゃないの?
避妊手術もせずに、閉じ込めて飼ってるって、どうなのよ!
助けたいのは人間じゃなくて、ネコなのよ!

そう思ったけど、心から思ったけど、あまりにつらかったので、見に行くことにした。
本当に弱ってたな、私。
で、当然、見に行ったら連れて帰るしかなくなります。
そんなわけで、我が家に子猫がやってきました。





生後2ヶ月、520gしかない。
ちょっとやせてます。
さらには、若干皮膚病気味。
まだ病院は連れて行ってませんが、初日からベッドにあがって来て、一緒に寝てます。
踏み潰しそうで、私のほうが眠れません。



読んでくださって、ありがとう
ついでに押して行ってくださると、うれしいです!
   ↓   ↓ 
にほんブログ村 インテリアブログ 部屋づくりへ


ところで、その二日後、病院の先生からも、保護ネコがいます、とお電話をいただきました。
もう、もらっちゃったので、と言うと、よい出会いがあったのですね、と言ってくださいました。
どんな子だったのか、気にはなりますが、聞かないことにします。
もっと困ってる子だったら、きっとまた、連れて帰ってしまいます。


名前は?と友人たちが聞いてくれました。
しばらく、名前はまだない、と答えてました。
漱石だな、と気づいた友人ひとり。

ところで、吾輩は猫であるの最後がどんなだったか、どーしても思い出せません。
母に聞いたら、ふらっとどっかへ行っちゃって終わり、って言うんだけど、そうでしたっけ?
縁起の悪いお話かもしれない、と思ったので、ちょっとあわてて名前をつけました。

ライラエル。
でも、ちびのライと呼んでます。
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ライラエルちゃん

前半部分は言葉が詰まってしまいました…。
多頭飼いの件も衝撃を受けつつ。
本当にタイトル通り、紆余曲折の上ですね。

ライラエルちゃん、可愛い!
柄もダヤンみたいー!
お会いするのが楽しみです(^^)

とうとう・・・・

新メンバーが加わってにぎやかになりそですね、おめでとうございますって言っていいのかしら?
そのノラちゃん、可哀想な事で大変辛い経験でしたね。
でもその出来事があったからこそ、クルトンさんちにそのライちゃんが来てくれたんでしょから、まぁ、一連の流れでそのノラちゃんとも未だつながってるわ。

写真で見るとメチャかあいい。
まだちっちゃいけどあっちゅう間に大きくなるよ~。その小ぃささを楽しめるのは今だけ。
鳴き声はまだ赤ちゃん鳴きですか?目の色は?
また教えてね。

sidetitleプロフィールsidetitle

クルクルトンクス

Author:クルクルトンクス
こないだ40代になりました。
11年、一緒にいた猫を亡くしました。
さあ、これからどうしよう!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleWish Listsidetitle

キッチンの塗り直しに


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle画像あれこれsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。