Whatever happens! 姫路城とお土産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路城とお土産


姫路城まで、行きました。
考えてみたら、3週間もあったのに、白川郷へ行った以外は、ずっと京都で、大阪にも、神戸にも行ってないのでした。

姫路城へは、友人も一緒に行ってくれたので、英語しゃべり率が減って、ちょっと気楽なお出かけでした。
いやしかし、友人の英語のアメリカ発音には!
久しぶりに聞いたので、かなりの衝撃で、失礼ながら思いっきり笑ってしまいました。
幼馴染ともいえる、小学校からの友人なのに、これほど違うしゃべり方になるとは。





姫路城の写真が、ひとつもない。
途中休憩して、抹茶クリームを飲みました。
はじめて、Nana's Green Teaに入りました。


お城は頑張って、天守閣まで登りました。
仕事で何度も行ってるのに、最後まで登ったのは初めてでした。
たいてい、混雑して規制がかかっているので、めんどくさくなって、入り口でチケット配ってじゃあねー!ってやってましたからね。
中には改修工事のために作った模型なんかも飾ってありました。

ヨーロッパのお城と違って、住むためじゃないから、中は何にもないよ、とあらかじめ言っておいたので、ゴージャス調度の金ぴかお城を想像してなかったはず。
そうすると、お寺のほうがよほどゴージャスかもしれない、と後から思いました。
金ぴか仏像だけは、あるからね?


お城の後、もとの会社の先輩も、姫路まで来てくれました。
去年、イギリスへ一緒に旅行した時に、ジュリアとも会っているので、ちょうど最後だし、お願いして出てきてもらいました。
一緒にお茶をして、商店街のトリックアートで遊んで、写真を撮ってきました。


IMG_1023.jpg


なにしろ、姫路にはお城以外はない。
トム・クルーズがラストサムライを撮影したお寺があるけど、その話をしてジュリアが食いついてきたのは、トム・クルーズが買っていったスイーツの話だけ!
千年杉はおいしいけど、姫路城でも売ってました。
人気のお菓子、千年杉はバームクーヘンで、真ん中の穴部分に、クリームが詰まっていて、丸太のように見えるんです。
おいしいけど、ジュリアはすでに大量のバームクーヘンを買い込んであるのですよ!ドイツ人なのに!

バームクーヘンは、ドイツのお菓子です。
カール・ユーハイムが第一次世界大戦後、日本に移住して、バームクーヘンを売り出して生計を立てたことから、日本に伝わり、今ではすっかり定着してます。
このユーハイム、調べてみたら(もちろん、ジュリアが調べた)怒涛の人生で、なんとも数奇な運命をたどってます。
調べたら、愛着もわいて、ユーハイムのりんごまるごとバームクーヘンも買ってきて、ふたりで食べましたっけ。
しかも、外側は抹茶テイスト。
結局、食べたうちで一番おいしくて、見た目もかわいい、京ばあむがお土産のひとつに選ばれてました。
ドイツ人が、抹茶味のバームクーヘンを、大切に持って帰るなんて、おもしろすぎ。


この日は、最後の日で、夜はパッキングをしました。
大量に買いすぎた!と青くなるジュリア。
全然余裕だと、あくびしながら荷物詰めを眺める私。
買い物依存症気味の私に、これくらいのお買いもの量で、荷物が入りきらないなんてよくも言えるな?って感じでした。
途中、パニック気味なのを眺めながら、最後は我慢しきれず、横から手を出して、どんどん詰めてしまいました。

お土産は、日本風の絵のついたハンカチ。
扇子、いくつか。
おかき、割とたくさん。
抹茶パウダー、数種類。
京ばあむ、ホールで2箱。
マールブランシェの茶の菓と、茶の菓
わさびあじのポテトチップ
抹茶味のキットカット、大量!
日本酒味のキットカット、2袋
日本酒・丹山酒造の、飯櫃(ぼんき)
このお酒、あまりにおいしいので、家でふたりで2本、飲んでしまいました。
結局、スーツケースの重さを計ったら、21kgしかなかったので、私が買っていたもう1本を追加して持って帰りました。
甘いお酒が好きな方、ぜひ。
私が今まで飲んだ日本酒の中でも、いちばんの味でした。

最終的に、預け入れスーツケースが24kg。
手荷物にする、ちいさいスーツケースは5kgちょっとかな。
こんなにいっぱいになったのは初めてだ!とか言ってたけど、確かに彼女はめったにお買い物しない人だ。




読んでくださって、ありがとう
ついでに押して行ってくださると、うれしいです!
   ↓   ↓ 
にほんブログ村 インテリアブログ 部屋づくりへ


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クルクルトンクス

Author:クルクルトンクス
こないだ40代になりました。
11年、一緒にいた猫を亡くしました。
さあ、これからどうしよう!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleWish Listsidetitle

キッチンの塗り直しに


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle画像あれこれsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。